「水中映像で迫る!大阪淡輪ヨットハーバーの釣りスポットを詳細に紹介」

大阪の釣り場
スポンサーリンク(cocoon)

この記事は大阪の淡輪ヨットハ-バ-の釣りのポイントを水中映像を付けて紹介します。
淡輪ヨットハ-バ-の防波堤は長くて、魚影の濃いポイントがあります。
当記事は水中映像でリアルな魚影が確認できます。餌を撒いて寄せていないです。大切な休日に良い釣り場を選ぶには良い情報になっているので最後まで読んでください(^^)/

釣り場の空撮 googleより引用
釣り場の水中映像
スポンサーリンク(cocoon)

淡輪ヨットハ-バ-ってどんな釣り場?

釣り場までのおおよその地図

淡輪淡輪ヨットハ-バ-の釣り場は大阪府泉南郡岬町に位置します。北側にときめきビーチがあり、南側に淡輪漁港があります。淡輪ヨットハ-バ-は外側に淡輪港西防波堤という長い防波堤があり、そこがメインポイントとなります。防波堤の長さは800mほどあり、外側はテトラ帯です。港内(ヨットハ-バ-内)は立ち入り禁止や釣り禁止になっています。

釣り場の様子(波止)
足元

 淡輪ヨットハ-バ-の防波堤は入り口から北東に伸びて中心で南東に曲がって伸びています。先端の灯台はヨットの帆をした形の灯台があり、その周辺は釣りが禁止されています。     
 外側と内側ともに釣果が上がりますが、外側は青物や太刀魚、足元周辺ではロックフィッシュや黒鯛などが狙えます。

波止の内側
波止の外側

 淡輪ヨットハ-バ-の防波堤の内側は足場が良くて釣りやすいですが海面からの高さが2mほどあります。足元は捨て石が敷いてあります。水深は4mほどで場所によっては海底が見えます。足元までアジが回遊しきたりしますが、防波堤から少し離した方が釣果は上がりやすいです。足元はスズメダイやフグなどのエサ取りも多いですが、少し離れると黒鯛やグレなども狙えます。海底は捨て石があるので、底をとると根がかりしやすいので注意しましょう。
 駐車場は釣り場から少し遠くてトイレがないのでファミリ-には不向きな釣り場です。また、テトラ帯からの方が釣果は上がりやすいので、慣れている方が有利な釣り場だと思います。長い防波堤で釣り場は広いので釣る場所には困ることはなく、のんびり釣りを楽しめる場所ではあります。初心者でも楽しめますが、中級者から玄人向きなポイントだと思います。防波堤には転落防止柵などは設置されていません。ライフジャケットは着用して安全に釣りを楽しみましょう。

ハ-バ-内は釣り禁止

淡輪ヨットハ-バ-の釣りの基本情報

  • 所在地:〒599-0301 大阪府泉南郡岬町淡輪
  • 料金:無料
  • 駐車場:有料駐車場あり 1000円 
  • アクセス:車;府道204号経由
  • トイレ:ハーバ-内にあり
駐車場の位置
有料駐車場
ハシゴ

淡輪ヨットハ-バ-で釣れる魚

  • イワシ、サバ、アジ、カワハギ
  • メバル、カサゴ、アイナメ、アコウ
  • アオリイカ、ツバス、アナゴ、タチウオ
  • シ-バス、青物、サゴシ,クロダイ、グレ、サンバソウ
  • 外道:ボラ、スズメダイ,ウミタナゴ,コノシロ                 などなど

淡輪ヨットハ-バ-の釣り場を水中映像で紹介

釣り場の全体像と今回撮影したポイント

今回紹介するポイント
 ポイント①:波止の内側先端
 ポイント②:波止の内側中央
 ポイント③:波止の内側北西端

ポイント①:波止の内側先端

ポイント①の空撮
波止の先端を撮影
波止の入口側を撮影
足元を撮影
沖を撮影
スズメダイ
黒鯛
魚影なし
アジ

下の画像は少し入口方向へ移動して撮影。この辺りまで水中で撮影しています。

波止の先端方向を撮影
波止の入口方向を撮影

 ポイント①は波止の内側先端です。水深-4-5mほどで、ところどころ海底がみえるところがあります。覗き込むと足元の魚が釣れなくなる場所もあると思います。
 足元(波止の海中)は壁構造になっています。防波堤の際の海底はフラットですが、1mほどからゴロタ石が敷いてあるので底をとる釣りは根がかる可能性があります。
 黒鯛が足元で狙えたり、アジなどが回遊してくることもあるポイントです。

ポイント②:波止の内側中央

ポイント②の空撮
波止の先端方向を撮影
入口方向を撮影
岸(港)を撮影
足元を撮影
グレ
カワハギ

下の画像は少し入口方向へ移動して撮影。この辺りまで水中で撮影しています。

波止の先端方向を撮影

 ポイント②は波止の内側中央です。ポイント①と同様の構造ですが、やや海水が濁っているので海底がやや見えにくいところが多いです。グレやカワハギなども足元近くに付いています。この辺りの方が魚の警戒心も少なくて釣果が上がる印象です。

ポイント③:波止の内側北西端

ポイント③の空撮
港内の先端方向を撮影
波止の入口方向を撮影
対岸を撮影
足元を撮影
シ-バス
フグ
魚影なし
波止の先端方向を撮影
波止の入口方向を撮影

 ポイント③は波止の内側北西端になります。西端のポイントは人気があり場所が取れないことが多いです。港の奥になるので海水の濁りはポイント②より強いです。シーバスなどが水中撮影で確認できています。西端から先端方向に行くと全体的に魚影は少なくなる印象です。
今回は防波堤の内側の水中映像でしたが、今度は外側も調査してみます!

以上は筆者の私見です。季節や天候、水量など様々な条件で変化します。
淡輪ヨットハ-バ-は魚影の濃いポイントがあります。トイレや駐車場が少し離れていますが、釣り場が広いので気兼ねなく釣りができます。
マナ-を守って安全に楽しく釣りをして下さい!(^^)!

淡輪ヨットハ-バ-の地図

淡輪ヨットハ-バ-の釣り情報を動画で紹介

水中撮影してきた動画をyoutubeにあげています。良かったら参考にして下さい。
その他にも関西の釣り場の紹介をしています。
公式チャンネル→こちらから https://www.youtube.com/channel/UCyjfNitkAlfyk4UIAYelXSw
ブログのホーム:こちらから(内部リンク)

淡輪ヨットハ-バ-の周辺のその他のポイント

Loading...
スポンサ-リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました