「冬の琵琶湖バス釣りの極意:水中映像で見るおすすめポイント4選」

琵琶湖バス釣り場
スポンサーリンク(cocoon)

冬の琵琶湖でお勧めするバス釣りポイントを4つ+αを紹介します。
・実際に釣り場へ行って調査したリアルな情報を発信することをモット-にしています。
釣り場の映像と水中映像を紹介することで根拠を示し、イメ-ジが膨らむとようにしています。

 琵琶湖冬のびわ湖のバス釣りでお勧めのスポットを厳選して4つ紹介します。その他にも3つ追加して紹介しています。冬のバス釣りを楽しむ情報として活用して下さい

スポンサーリンク(cocoon)

冬の琵琶湖のバス釣り:吉川漁港の釣り場の紹介

吉川漁港の空撮
船着き場:ここより東(奥)は魚影が少ない

 吉川漁港は琵琶湖の湖東の野洲にある有名ポイントです。野洲川河口の北側に位置します。一年中魚影が濃く、冬場でもバスが付いています。シーズンによってポイントの変化があり、夏はウイードがびっしりですが、冬は砂地となり広く攻められます。
 ここの主なポイントはさざなみ街道周辺の水路とその河口、テトラ周辺となります。それよりも上流の船着き場より奥は濁りが強いことが多いのでバスの魚影は少ないです。河口の北側は少し浅くて湖底がみえるところがあります。テトラの中央ぐらいからは見えなくなります。ここは河口がメインポイントとなります。北側のテトラは外側もバスが付いているので合わせて攻めるのも良いと思います。
 バスは中型以上のサイズが多いのと、足場が若干高いのでネットが必要な場所なので、初心者よりも中級やベテランアングラ-におすすめなポイントだと思います。流れは緩やかなので釣りやすいポイントです。

吉川漁港の地図

吉川漁港の詳細は下記を参考にして下さい。動画も添付しています。

冬の琵琶湖のバス釣り:近江舞子の釣り場の紹介

近江舞子の空撮 
桟橋
南小松漁港
家棟川周辺

 近江舞子は内湖、桟橋、南小松漁港などがあります。冬場はビアンカ桟橋や南小松漁港がお勧めです。南小松漁港は水深が浅くなっていて水底が見えるようであれば釣果は期待しにくいです。
 桟橋はJR近江舞子駅から徒歩5分ほどの場所にあり、南小松漁港の琵琶湖側にあります。桟橋内への立ち入りは禁止されています。桟橋から南には等間隔で鉄塔がならんでいます。この周辺はバスが付きやすいポイントです。また、南小松漁港のミオ筋近くの浜もバスが付いています。近江舞子に来たら、この鉄塔を一番に狙う人も多く人気のエリアです。
 桟橋から北は浜になっていて家棟川の流れ込みなどがあります。この周辺も冬でもウエーディングをして釣りをしていデカバスを釣っている人もいます。合わせて釣りをしても良いポイントです。桟橋は冬には子バスが少なくなり良型バスが付いていることが多いです。漁港の中は小バスが多いです。
 各ポイントは近くにあり、トイレや駐車場もあるので安心して釣りが楽しめるポイントです。

近江舞子:桟橋、南小松港(漁港)の地図

近江舞子の詳細は下記を参考にして下さい。動画も添付しています。

冬の琵琶湖のバス釣り:旧彦根港の釣り場の紹介

旧彦根港の空撮

 旧彦根港は琵琶湖の北湖東岸のバス釣りで最も有名な釣り場の一つで、真冬でも週末には多くのアングラ-が集まります。船溜まりからは温排水が出ていて冬でも釣果が上げやすい釣り場で1年を通してバス釣りが楽しめる貴重なポイントです。基本的には小-中バス狙いのポイントですが、春には良型バスが上がりやすくなります。
 港の船溜まりや水路のボトムはウイ-ドベースで冬でも温排水により水深は浅めですが枯れることが少ないです。水深は船溜まりエリアは浅くて西側の水路の方が水深が深くなっていきます。
 人気と実績のあるポイントですが、まずアングラ-が多くて釣りにくいのが難点です。港内でのブラックバス駆除が行われているので、駆除後はメッキリ釣れなくなります。また港の修繕や植林の保護などで立ち入り禁止の場所があります。また、歩道からの釣りも禁止されています。それでも根強い人気なのはそれだけ実績があるからだと思います。
 また、徒歩圏内に彦根港もあり、ここも冬でもバスが釣れるポイントとして有名です。合わせて釣りを楽しむのも良いと思います。

旧彦根港の地図

旧彦根港の詳細は下記を参考にして下さい。動画も添付しています。

スポンサ-リンク

冬の琵琶湖のバス釣り:大津港の釣り場の紹介

大津港の空撮

 大津港は京都や大阪からのアクセスが良い場所にあるので人気の釣り場です。大津港の主なポイントは岸から沖へ100m超も伸びている遊歩道で、その周辺はバスが付きやすいポイントとなっています。水は琵琶湖の南なので濁っていますが、ウイードも豊富なポイントもあり魚影は比較的濃いです。
 初心者でも釣りが行いやすく冬場でもバスが付いていて年中アングラ-が釣りをしています。そのためバスはスレています。
 遊歩道は転落防止柵があるので、ファミリ-でも安心して釣りができますが、少し高さがあるので、子どもは投げつらいです。冬場は外向きよりも内向きの方が魚影が濃い印象です。足元にも付いているので沖に投げるだけでなく。手前までしっかり誘うようにすることをお勧めします。冬場は比較的良型バスが釣れる印象のあるポイントです。
 滋賀の県庁所在地で観光地にもなっています。そのため、周囲に飲食店やホテルなどもあります。有料駐車場やトイレもあるので安心して楽しめる釣り場です。
 徒歩圏内に冬のバス釣りで有名なにおの浜もあります。合わせて釣りを楽しむのも良いと思います。

大津港の地図

大津港の詳細は下記を参考にして下さい。動画も添付しています。

冬にお勧めの琵琶湖のその他の釣り場の紹介

雄琴港

 雄琴港は琵琶湖の南湖にある港でバス釣りのメジャ-ポイントです。温泉街からの温排水が流れるために冬場のバス釣りで人気でした。最近は温排水も減って港内の水の流れも悪くなってきています。
 バスの魚影はまずまずですが、生餌で釣られているバスが多いので、スレていてルア-への反応は少ないです。腕次第では釣果を上げることができるかもしれないですがプレッシャ-が高いポイントです。
 足場が良く、公園や温泉もあるのでファミリ-層に人気のポイントなので、エサ釣りをされている方も多いです。南北の防波堤は立ち入り禁止になっています。
 プレッシャ-が高いポイントなのでデカバスを釣るのは至難ですが、港内の数か所に潜んでいるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

雄琴港の地図

長浜港

 琵琶湖の長浜港は滋賀県長浜市にある東で最大級の港で、冬でもバスが釣れる琵琶湖のメジャ-ポイントです。春はスポ-ニングで港に入ってくるバスも多くて良型サイズが釣れやすくなります。琵琶湖汽船で竹生島へのクル-ズがあるので、定期的に船が入ります。そのため、水深も程度あるので魚が集まりやすいです。
 米川河口はベイトフィッシュが多く、それを狙ってバスが付いています。港の中もバスが付いているので合わせて狙っていけます。港の東西の突堤は現在は立ち入り禁止になっているので釣りができません。長浜港の釣りポイントは全体的に足場が良く、湖面からの高さもないのでファミリ-フィッシングにも向いています。魚影が濃く、エサ釣りをされている方も多いです。
 駐車場やトイレも完備されているので手軽に釣りが行いやすいです。また、ボートを下す専用の駐車場(有料)もあるのでbasserに人気のポイントです。

長浜港の地図

飯浦(はんのうら)

 飯浦は西に飯浦漁港、東にポンプ場があるポイントです。飯浦漁港は以前は釣りができましたが、現在は立ち入り禁止です。ポンプ場も立ち入り禁止なので、その間の浜とテトラ帯がポイントとなります。
 ここのポイントは急深エリアで30mほど飛ばせはデープエリアにとどきます。駆け上がりのところにバスが付いていることが多いです。
 アクセスが悪くて、周囲に駐車場やトイレがないのが難点ですが、魚影が濃く、良型サイズも多いので数+サイズが狙える貴重なお勧めポイントです。冬場もバスが付いていることが多いですが当たり外れがあるポイントだと思います。また、ウエーディングが必要なポイントでもあります。

飯浦の地図

終わり

冬場はバスを釣るのは厳しいですが、釣れた時のよろこびはひとしおです。夏よりも良型バスが釣れることもあるのでトライしてみてはいかがでしょうか?
以上は筆者の私見です。季節や天候、水量など様々な条件で変化します。
マナ-を守って安全に楽しく釣りをして下さい!(^^)!

Loading...
スポンサ-リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました