大阪の谷川港の左岸防波堤の釣りポイントを紹介!水中映像から完全攻略!

大阪の釣り場
スポンサーリンク(cocoon)

この記事は大阪の岬町の谷川港の左岸防波堤の釣りのポイントを水中映像を付けて紹介します。
谷川港はコブダイや黒鯛などが狙える港です。防波堤だけでなく港の中でも黒鯛やコブダイが狙えます。
当記事は水中映像でリアルな魚影が確認できます。餌を撒いて寄せていないです。大切な休日に良い釣り場を選ぶには良い情報になっているので最後まで読んでください(^^)/

釣り場の空撮 googleより引用
釣り場の水中映像
スポンサーリンク(cocoon)

谷川港にある左岸防波堤ってどんな釣り場?

釣り場までのおおよその地図

 谷川港の左岸防波堤の釣り場は大阪府泉南郡岬町に位置します。落合川を挟んで2つの漁港があり、その外側にあるメインポイントの西の波止を左岸堤防、東の波止を右岸堤防と言われている場所があります。今回は左岸堤防のある谷川港の西側のエリアを紹介していきます。

釣り場の様子(左岸防波堤)
足元

 谷川港は駐車場が完備されていて、利用料は550円です。谷川港の西側エリアは転落防止柵が設置されていませんが、護岸で足場は安定しています。港の北側にL字の波止の左岸堤防があり、南西側にも波止があります。ポイントは2つの波止と港内になりますが、波止は先端周辺でないと足元は浅くなるので投げ釣りが必要となります。

 左岸防波堤の外側はテトラ帯です。L字に曲がった場所から先端の外側が谷川漁港のホットポイントですが、15mほどしかないです。4,5人で釣り場できなくなるので場所取りが必須となります。ここは足元で黒鯛などが付いていて、回遊していれば青物も狙えます。足元から海面までの高さは2-3mほどありますのでネットの持参をお勧めします。

南西の波止

 南西の波止も先端周辺以外は浅いです。ここも黒鯛が付いています。両方とも海底はサンドベ-スなので投げ釣りでキスなども狙えます。また、アジなども回遊してくるのでサビキ釣りが楽しめます。港内は船舶が停泊していますが、釣りがでるポイントもあります。ここも黒鯛などが付いていますが、やや浅いので警戒されないように狙う必要があります。

港内

 谷川港は釣りができるメインポイントの波止は人気があり、休日は空いていないことも多いです。場所が取れると腰を据えて釣りが楽しめますが、空いていないと場所選びに苦戦する印象です。初心者にはお勧めできにくいですが、中級者や落とし込みなど移動を伴うような釣りをする方にはお勧めです。汽水域なのでキビレなども狙いやすいポイントだと思います。

釣り場の注意点

谷川港の左岸防波堤の釣りの基本情報

  • 所在地:〒599-0311 大阪府泉南郡岬町多奈川谷川
  • 料金:無料
  • 駐車場:有料駐車場あり 550円 
  • アクセス:車;府道204号経由
  • トイレ:なし 右岸防波堤にあり
駐車場の位置
有料駐車場
協力金

谷川港の左岸防波堤で釣れる魚

  • イワシ、サバ、アジ、カワハギ
  • メバル、カサゴ、アイナメ、アコウ
  • アオリイカ、ツバス、アナゴ、タチウオ
  • シ-バス、青物、クロダイ、コブダイ、グレ、サンバソウ
  • 外道:ボラ、スズメダイ,ウミタナゴ                 などなど

谷川港の左岸防波堤の釣り場を水中映像で紹介

釣り場の全体像と今回撮影したポイント

今回紹介するポイント
 ポイント①:左岸防波堤の外側
 ポイント②:左岸防波堤の内側と先端
 ポイント③:南西波止
 ポイント④:港の奥

ポイント①:左岸防波堤の外側

ポイント①の空撮
波止の先端を撮影
波止の入口側を撮影
足元を撮影
沖を撮影
足元に空洞あり
スズメダイ
コブダイ
波止の底は穴があり、外側と内側がつながっている

 ポイント①は波止の外側です。一番人気のポイントです。主に投げ釣りをされている方が多いです。水深は3-4mほどで海底が薄ら見えますが、足元にはコブダイなどの大物も潜んでいます。波止の底は穴があって内外がつながっています。この穴に大物が潜んでいるので足元の釣りも試してみて下さい。

ポイント②:左岸防波堤の内側と先端

ポイント②の空撮
波止の先端方向を撮影
入口方向を撮影
岸(港)を撮影
足元
防波堤の構造
黒鯛
スズメダイなど
波止の先端の構造

 ポイント②は波止の内側と先端です。外側より少し浅いのと、波が小さいので海底が見えます。魚影が少ないですが、黒鯛などが付いています。見えていることが多いので基本的には釣りにくいので内側での釣りは投げ釣りでないと釣果が厳しいです。海底はサンドベ-スなので根がかりの心配は少なそうです。

左岸防波堤び根本周辺
外側はテトラ

 左岸防波堤の外側はテトラ帯です。ロックフィッシュなどが狙えます。

ポイント③:南西波止

ポイント③の空撮
波止の先端方向を撮影
波止の内側を撮影
対岸を撮影(左岸防波堤)
足元を撮影
足元
黒鯛
魚影が少ない
落合川の方はアジの群れ?

 ポイント③は南西の波止になります。波止の先端周辺でないと水深が浅くて釣りが厳しいです。先端でも4mほどしかないので、足元の釣りは魚に警戒されないようにする方が良いでしょう。波止の先端の足元はスリット状になっています。隣の内側はテトラがありますが、やや浅くて魚影も少ないので、先端か落合川の方でのポイントが良いと思います。ここも投げ釣りがメインです。海底はサンドベ-スです。落合川の方はアジの回遊なども確認できました。

波止の根元
波止の真ん中ぐらい

ポイント④:港の奥

ポイント④の空撮
角を撮影
左岸防波堤方向を撮影
南西の波止方向を撮影
足元を撮影
足元を撮影
足元は海底では穴のある構造
黒鯛
コブダイ

 ポイント④は港の奥のポイントです。水深は3-4mほどで浅いので海底が見えることも多いです。港の護岸の海中の足元は穴が開いている構造なので、黒鯛などが付いています。警戒されないように狙うと釣果が上げやすいと思います。個人的には落とし込みなどが楽しそうな印象です。

港の西側
港の中央

その他のポイント

 谷川港は右岸防波堤もあります。下記を参照して下さい。

以上は筆者の私見です。季節や天候、水量など様々な条件で変化します。
谷川港の左岸防波堤は魚影もそこそこありますが、メインポイントの防波堤が小さいので、場所の確保が難しい場合があります。
マナ-を守って安全に楽しく釣りをして下さい!(^^)!

谷川港の左岸防波堤の地図

谷川港の左岸防波堤の釣り情報を動画で紹介

水中撮影してきた動画をyoutubeにあげています。良かったら参考にして下さい。
その他にも関西の釣り場の紹介をしています。
公式チャンネル→こちらから https://www.youtube.com/channel/UCyjfNitkAlfyk4UIAYelXSw
ブログのホーム:こちらから(内部リンク)

谷川港の左岸防波堤の周辺のその他のポイント

Loading...
スポンサ-リンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました